タクシードライバーのお給料

A型賃金とB型賃金の違いとは?

タクシードライバーのお給料の中で最もメジャーなのが「A型賃金」という給与形態です。固定給+歩合給+賞与というサラリーマンの営業職等に近い形となっています。A型賃金は、歩合給分の給料が少ないといったデメリットがありますが、固定給分が多く安定した収入が得られるといったメリットがあります。また、B型賃金とは違い賞与がある事もA型賃金の魅力です。しかし、現在はA型賃金を取り扱っているタクシー会社は少なく探す手間がかかるといったデメリットが存在します。一方、「B型賃金」は、完全歩合制で売上によって給与が変動します。固定給がない代わり、給与が売上に比例するといった特徴があります。頑張れば頑張った分だけ、稼げるというメリットがありますが、売上がない場合給料もゼロになるというリスクに注意が必要です。

A型賃金とB型賃金の良さを持つAB型賃金を選ぶ人が増えている!

取り扱うタクシー会社が増えているのが「AB型賃金」です。A型賃金とB型賃金の両方のメリットを持っています。A型賃金のように固定給があるので毎月の収入が安定します。一方、売上が多い場合は、賞与の金額が多くなります。安定した収入を得ながら、頑張れば賞与の額が増えるのでモチベーションが維持しやすいといった魅力があります。また、毎月の給与が変動しやすいB型賃金とは異なり、AB型賃金は毎月の収入が一定になるので社会保険料が安くなるというあまり知られていないメリットも得られます。一方、AB型賃金はタクシー会社によって固定給や歩合給の割合が大きく異なるというデメリットがあります。給与の詳細を求人に記載していないタクシー会社も存在するので、問い合わせ等で固定給・歩合給の割合の詳細を確認しなければいけません。

ドライバーの転職をする際には、福利厚生についても確認しましょう。厚生年金などに加入できるかが、判断ポイントです。また、住宅手当などもついていると安心して転職可能です。