タクシードライバーの疲労度は?

タクシードライバーの求人に応募する

運転免許を持っている人は、タクシードライバーになってお客を送迎できます。個人タクシーかタクシー会社の従業員になるかの違いはありますが、資格や経験、年齢などの制限がなく、応募しやすい仕事です。そのタクシードライバーにはさまざまなメリットがあり、職場の人間関係に煩わされる時間は少ないし、定年が遅いので長く勤められます。しかし、メリットだけでデメリットを無視するというわけにはいきません。そのデメリットの一つに、タクシードライバーの身体的負担(肉体的な疲労度)があります。その疲労というデメリットをよく考えたうえで、タクシードライバーになるのかどうかを決めなければいけません。つまり、体力に自信がある人に向いた仕事ということです。

タクシードライバーはどうして疲れる?

普通タクシードライバーになると、長時間運転をします。ずっと同じ椅子に座り続け、車の操作だけという業務になり、おのずと疲労がたまります。腰や背中への負担も大きくなり、途中で降りて屈伸運動でもしない限り、これらの部分の疲労が回復しません。もう一つタクシードライバーが感じる疲労度は精神的なものです。まず長時間車を運転する場合、事故を起こさないように集中してなくてはいけませんが、その疲労があります。次に、お客とのコミュニケーションにおいても問題が生じる場合があります。一般的なお客の場合は話もスムーズに進み、疲労もそれほど感じないでしょうが、酔っ払いやたちの悪い客の場合は、対処に苦労し、ストレスもたまる場合があるでしょう。そうなれば、車の運転による疲労以上に心の疲れを感じることでしょう。

運転手の募集は範囲を拡大して行われています。タクシーやトラック、トレーラーなど車輌が多岐にわたることも特徴です。